U17日本代表、アルゼンチンを9-0粉砕!若月大和・唐山翔自がハットトリック

12pt   2019-06-12 19:00
カルチョまとめブログ

U-17日本代表、アルゼンチンとの親善試合第1戦を圧勝で終える
https://www.jfa.jp/news/00021598/
U17E697A5E69CACE4BBA3E8A1A8.jpg?d=a1

U-17日本代表 9-0(前半3-0、後半6-0)U-17アルゼンチン代表

得点
43分 若月大和(U-17日本代表)
44分 若月大和(U-17日本代表)
45分 若月大和(U-17日本代表)
54分 唐山翔自(U-17日本代表)
63分 杉浦力斗(U-17日本代表)
69分 杉浦力斗(U-17日本代表)
80分 津久井匠海(U-17日本代表)
84分 唐山翔自(U-17日本代表)
87分 唐山翔自(U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:佐々木雅士
DF:中野伸哉、半田陸、鈴木海音、鈴木史哉
MF:成岡輝瑠、横川旦陽、相良竜之介、三戸舜介
FW:若月大和、津久井匠海

サブメンバー
GK:松原颯汰
DF:村上陽介、下川太陽
MF:有田恵人、荒木遼太郎、田中聡、遠山悠希
FW:唐山翔自、杉浦力斗

交代
HT 相良竜之介 → 唐山翔自
HT 鈴木史哉→ 遠山悠希
61分 三戸舜介 → 有田恵人
61分 半田陸 → 村上陽介
61分 若月大和 → 杉浦力斗
73分 中野伸哉 → 下川太陽
73分 成岡輝瑠 → 田中聡

マッチレポート
6月11日(火)にU-17日本代表はU-17アルゼンチン代表と親善試合を戦いました。7日(金)より現地入りしていた日本はU-17アルゼンチン代表との第1戦を迎えました。U-17アルゼンチン代表は4月に行われたU-17南米選手権で優勝して今年のU-17ワールドカップブラジル2019の出場権を獲得しました。今回の試合でアルゼンチンは、一旦チームを解体して新たな選手を発掘している最中、ラージメンバーを中心に構成されていました。強豪国とはいえ主力以外の選手が多く、日本としては絶対に負けられない相手でした。

ホテルでミーティングをしてから出発した日本は、森山佳郎監督から「自分たちの時間を増やす。守る時間を減らして相手の足を止める」と伝えられました。その言葉の通り、日本は前半開始から得意のバスワークで自分たちのペースを作っていき、何度もシュートチャンスを作ります。しかし、最後の部分で精度を欠き得点を奪うことができません。常に優位に進めながらもこのまま0-0で前半を終了するかと思い始めた前半43分に相手のハンドでPKを得ます。このPKをFW#9若月大和選手が決めて先制します。更にその1分後、DF#3半田陸選手のロングフィードから抜け出した若月選手が2点目を奪います。この2失点で一瞬集中力を失った相手に前半45分、三度、若月選手が得点を奪い、3分間でハットトリックを達成します。


後半に入るとアルゼンチンも最初は激しくアグレッシブにプレーしますが、日本がゴールラッシュを見せます。54分にまずFW#11唐山翔自選手が中央で受けたボールを冷静に決めると、63分にはFW#19杉浦力斗選手が左足で決めます。5-0となり段々とアルゼンチンは集中力を失っていきます。そんな中でも日本はダレることなくミスを恐れずゴールに迫ります。69分に杉浦選手、80分にFW#18津久井匠海選手、84分と87分には唐山選手が決めて9-0としました。最後まで集中していた日本は失点をすることもなく、完封勝利を収めました。

完璧と言っていい試合を見せたU-17日本代表は、リベンジに燃えるU-17アルゼンチン代表と13日(木)に第2戦を戦います。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11912
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1560315468/
btn_text_continue.png?d=a1
   サッカーアンテナトップページへ
サッカーの情報を発信しているサイトの話題が沢山。